2018年12月アーカイブ

ミシッシッピ

冬の寒さも本格的になってきました。

夜中まで勉強している受験生は風邪をひかないように注意してください。

また、入試まで残りわずかなので、睡眠のサイクルにも気を付けて早寝早起きを心がけてください。テストを受ける時間である日中に眠くなることがないように。

眠くなるといえば...村上春樹の数多くの作品群に「ねむり」と「眠い」というよく似た題名の短編があります。

「ねむり」のほうは、突然眠れなくなってしまった女性の話。17日間一睡もせず日常を過ごすというちょっと変わったサスペンス。

「眠い」は彼女と一緒に友人の結婚式に出たのはいいものの眠くて仕方がなくなるというコメディ。主人公が眠気を覚ますために、彼女から出題されたスペリングの難しそうな単語を綴っていく下りがあるのですが、その中で「ミシシッピ」や「ヨークシャーテリア」というお題が出ます。私がこの小説を初めて読んだのはもうずっと昔のことなのですが、今でも眠くなるとふいに「ミシシッピ」の綴りを思い出してしまいます。

彼が初期に書いていた短編小説は、意外とコメディが多く、くだらないけど笑ってしまうものばかりなので、ぜひ読んでみてください。

さて、ミシシッピにsは何個あると思いますか?

落ち着く方法

あと少しで2019年になりますが、、
皆さんにとって今年はどのような年でしたか?

受験生の方はセンター試験、一般入試が近づいてきており、
「〇〇まであと△日」なんて聞くと不安に感じると思います。

日数を時間数に置き換えるのはどうでしょうか。
あと△日はあと□□時間になり、気持ちが少しは楽になると思います。

しかし、時間が多いからといって油断をしてはいけません。

その時間で何ができるか計画を立てること、何をしなければならないか分かってくるのではないでしょうか。y

シネマトグラフ

こんにちは。

今日、12月28日はシネマトグラフの日だそうです。
シネマトグラフとは撮影と映写が組み合った複合映写機のことで、
映画を公開できるようになったのはこのシネマトグラフがあるからです。

映画と関連して、映画界に歴史を遺したチャールズ・チャップリンの
「You'll never find a rainbow if you're looking down. 」という言葉があります。
(下を向いていたら虹は見つからない。)


この言葉を聞くと、下を向いているときは現在の自分、虹を見たときは明るい未来の自分がいるような気がしました。

色々なことで落ち込んだりすることはあると思いますが、
いつまでも下を向いていては良いことは訪れてきません。
虹を望んでいるのなら、些細なことでも自分を褒めてみると変わっていくかもしれません。y

冬期講習開始

明日12月22日より冬期講習開始です。

予習などの準備はバッチリでしょうか。

冬は夏と異なり短い期間ですが、非常に貴重な時間であることには変わりありません。

学校が休みなので油断すると生活サイクルも乱れがちですが、しっかりとスケジュール管理を行い目標達成のために努力しましょう。

具体的にどうすればいいかについては、職員やTAにぜひ相談してください。

みんなで一緒に頑張りましょう。

読む習慣

観光名所を訪れると多くの外国人を見かけます。

先月だけで約245万人も日本に来ていたそうです。

外国人の日本に対する知識量は凄く、

SNSの他にも雑誌やパンフレットなど隅々と目を通しているのだと思いますが、

TVを観ていると外国人がその場所の歴史や出来事を淡々と話している姿に

「知らなかった・・・」を心の中で連呼してしまいます。

知識を手に入れるには読む習慣を身に着ける。

自分の好きなことや関心を持っていること。どのようなことでも構わないです。

読むことはその話題に対応ができたり語彙力が上がったり、メリットがたくさんあります。

何かを手に取って読んでみてはいかがでしょうか。y

今年の〇〇

こんにちは。
今年の漢字が発表されましたね。
みなさんにとっての今年の漢字は何でしたか?

「今年の〇〇」シリーズはたくさんあると思いますが・・・
「今年の一皿」という言葉をご存じでしょうか?
これは日本の食文化を後世に遺す目的で選定が行われているそうです。

今年、特にスポットが当たったのは・・・
「サバ缶」です。


過去には鶏むね肉やパクチーなどが選ばれたそうです、人々が健康に気をつかっているのが分かりますね。


魚にはDHA・EPAと呼ばれる栄養素があり、記憶力の維持や気持ちを落ち着かせるなどの効果があるそうです。
その中でも豊富なサバはまさに勉強のお供なのかもしれません。(缶詰だと骨も食べられて良いです。)

試験日が近づいたりすると焦ってしまったりイライラしてしまうことがあるかもしれません。
そのようなときには、サバを食べてみるのはどうでしょうか。
(会場などで食べると匂いが広がるのでご注意ください・・・。)y

冬期講習 受付中!

こんにちは。

もうすぐ冬休みですね。勉強は思うように進んでいますか?

受験生は入試本番まで残りわずかとなり、不安になっている生徒が多いように感じます。

どこにも受からなかったらどうしよう、センター試験で失敗したらどうしよう、など心配事はたくさんありますよね。

皆さんを見ていて思うのは、不安に感じている人ほど真剣に受験勉強に取り組んでいる、ということです。

本気で勉強しているからこそ、結果がついてくるか不安も大きくなっている、そんな気がします。

自分が本気で勉強した時間は、必ず良い結果として返ってくるはずです。

最後まで自分を信じて頑張ってくださいね。

  

高1・2年生は「まだ受験なんて先のこと・・・」とお思いかもしれませんが、受験学年は意外とすぐにやってきます。

直前で慌てないためにも、早稲田予備校で受験準備を始めませんか?

早稲田予備校 西船橋校では、12月22日(土)から冬期講習が始まります。

高1・2年生は、1講座無料ご招待中です。

西船橋校ホームページからは、高1・2年生におすすめの冬期講習講座をセットにしてご案内しています。

1講座のみのお申込みも承っておりますので、お気軽に校舎までお問い合わせください。s

 

早稲田予備校 西船橋校ホームページはこちらから↓

http://www.waseyobi.co.jp/nishifuna/

考える

何故、平仮名は「あ」で始まり、「ん」で終わるのかについて考えていました。
調べてみたところ「悉曇(しったん)」と呼ばれる、日本に伝来した梵語(サンスクリット)に由来がありました。
その悉曇では、最初の開口音が「a」、最後の閉口音が「hum」だそうです。

とある教育番組では、子どもがゲストに「なんで〇〇は□□なの?」と問いかけていました。
私も考えますが、なかなか答えられないことが多いです。簡単なようで難しい...。
「子どもの質問なんて」と軽視してはいけないと感じました。

人の話を聞いて知識を吸収することも大事ですが、今後はそこから、自分で広げて考えたり調べたりすること、
そのような自発的な行動がますます求められます。


質問に答えられたときの達成感を味わってみませんか?


何かに直面したときは、「誰かが私に質問をしているのだ。それに応えなければならない」と考えても良いのかもしれません。

12月になりました


初めまして。

11月1日から西船橋校で働いているYです。

気づいたら12月になっていました。

しかし、昨日は外を出ると春の匂い?がして、気温を調べたら20度超えでした。

急な気温差で体温調節するのが大変ですが、疲れたなと感じたときは無理はしないでください。


話は変わりますが、

今日、12月5日は国際ボランティア・デーと呼ばれる、ボランティア活動を普及して機運を高める日だそうです。

みなさんはボランティアをしたことがありますか?

誰かのために力になる、そのような経験をすることは決して無駄ではありません。

「善因善果」という四字熟語がありますが、良いことは自分に返ってくる。とのことです。

テストや受験勉強で忙しい時期ですが、

ボランティアではなくても困っている人にそっと手を差し伸べてみるだけでもいいかもしれません。

もし、何か良いことしたなと思ったら...


テストの点数が前より上がった!

分からなかったことが理解できた!なんて、嬉しいことが起きるかもしれませんね。

このアーカイブについて

このページには、2018年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年11月です。

次のアーカイブは2019年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。