ミシッシッピ

冬の寒さも本格的になってきました。

夜中まで勉強している受験生は風邪をひかないように注意してください。

また、入試まで残りわずかなので、睡眠のサイクルにも気を付けて早寝早起きを心がけてください。テストを受ける時間である日中に眠くなることがないように。

眠くなるといえば...村上春樹の数多くの作品群に「ねむり」と「眠い」というよく似た題名の短編があります。

「ねむり」のほうは、突然眠れなくなってしまった女性の話。17日間一睡もせず日常を過ごすというちょっと変わったサスペンス。

「眠い」は彼女と一緒に友人の結婚式に出たのはいいものの眠くて仕方がなくなるというコメディ。主人公が眠気を覚ますために、彼女から出題されたスペリングの難しそうな単語を綴っていく下りがあるのですが、その中で「ミシシッピ」や「ヨークシャーテリア」というお題が出ます。私がこの小説を初めて読んだのはもうずっと昔のことなのですが、今でも眠くなるとふいに「ミシシッピ」の綴りを思い出してしまいます。

彼が初期に書いていた短編小説は、意外とコメディが多く、くだらないけど笑ってしまうものばかりなので、ぜひ読んでみてください。

さて、ミシシッピにsは何個あると思いますか?

このブログ記事について

このページは、ワセヨビ西船橋が2018年12月30日 09:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「落ち着く方法」です。

次のブログ記事は「明けましておめでとうございます」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。