115の意味

日本には正月の他に小正月と呼ばれる行事があることを知っていますか?

1月15日は小正月の日です。
小正月は農作物の祈願や家庭行事などのお祝いをします。

現在は大晦日に開催されるなまはげの訪問が
江戸時代まで小正月に行われていたようです。

なまはげは昨年、来訪神として無形文化遺産に登録され、
他にも様々な来訪神がおり、海の彼方からやってくるといわれています。

なまはげというと怖くて子どもが泣き出すシーンをよく目にしますが、
いい子にしていないと懲らしめる一方で厄払いをしてくれるようです。

ちなみに今日は小正月のほかに語呂合わせで「115(いい子)の日」でもあります。
つながりを感じてとても面白いです。y

このブログ記事について

このページは、ワセヨビ西船橋が2019年1月15日 21:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お茶の葉の香り」です。

次のブログ記事は「明日、明後日はセンター試験です!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。