こんばんは!

このところ、本当に暖かくなってきましたね。

沈丁花の花の香りがあちらこちらでするようになり、卒業式の季節、桜を迎える時期に近づいたなと、しみじみ感じます。
受験に挑んだ皆さん、お疲れ様でした!

最後まであきらめずに乗り越えたこの受験期のことは、将来の皆さんの大きな財産であり、武器であり、いつか自分を助けてくれると思います。

本当は第一志望ではない大学に進学する人もたくさんいると思います。

でもそんな人に心から伝えたいと思います。

◎◎大学に落ちたから、この〇〇大学に行く。

...ではない!と私は思います。

頑張ったから、〇〇大学に合格したのです!

あなたが頑張って合格を勝ち取ったその大学に誇りを持って、胸を張って進学して欲しいなと思います。

この時期になると、なぜかいつも思い出す詩があります。

松下電器産業(現・パナソニック)株式会社の創業者である松下幸之助さんの
有名なお言葉です。
ちょっと紹介させていただきます。

たしか、6.7年ほど前にもブログで紹介したような気がします。

***************************


自分には自分に与えられた道がある。
天与の尊い道がある。
どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない
自分だけしか歩めない、二度と歩めないかけがえのない道。
広いときもある、せまいときもある。
のぼりもあればくだりもある。
坦々とした時もあれば、
かきわけかきわけ 汗する時もある。
この道が果たしてよいのか悪いのか、
思案にあまる時もある。
なぐさめを求めたくなる時もある。
しかし所詮はこの道しかない。
あきらめろというのではない。
いま立っているこの道、
いま歩んでいるこの道、
ともかくこの道を休まず歩むことである。
自分だけしか歩めない大事な道。
自分だけに与えられている
かけがえのないこの道。

他人の道に心をうばわれ、
思案にくれて立ちすくんでいても、
道は少しもひらけない。
道をひらくためには、
まず、歩まねばならぬ。
心を定め、懸命に歩まねばならぬ。
それがたとえ、
遠い道のように思えても、
休まず、歩む姿からは、
必ず新たな道がひらけてくる。
深い喜びも生まれてくる。

************************

皆さんはどう感じましたか?
人にはそれぞれ、自分にしかない道が必ずあります。
この詩がこころのどこかに届いてくれるといいなと思います。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by waseyobi

このブログ記事について

このページは、ワセヨビ西船橋が2019年3月 6日 20:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「卒業式!」です。

次のブログ記事は「」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。