私の青春、幕を閉じる

もうアイドルは全員、事実婚でいいじゃないか。


わたくし、受験勉強というか、勉強を苦に感じたことが特別ありません。

なぜか。

そう

「嵐がいたから」


10年以上前、嵐がまだドーム公演をしていなかった頃、申し込めば必ずチケットが取れていた時代がありまして。

しかも事務所も売り出す気がなかったのか、確か平日にもライブをしていました。


その日ばかりは担任の先生に


今日は、祖母が、ちょっと............(ちょっとの先は決して言わない)

と言って早退していたのを思い出します。

なお、祖母はピンピンしており
"ちょっと" の先とは 何だったのか。

ただ悩みの種のライブ代。お金を出してほしいと母に頼んだところ、

「じゃあ家族全員分の洗濯をしてくれ」

というので、なんだそんなことでいいのかと迎えた翌朝。
朝5時に起こしに来る母。
嫌がらせとしか思えません。

そんなこんなで洗濯は1度も行われず、代わりに全教科90点とったらいいだろ?と提案。

無事、可決。

嵐に会えると思うだけで、勉強もなんのその。学校がどんなに辛くても、本当に全てがどうでも良くなっていたあの頃でした。
たぶん、人生で1番楽しかった。
ように思う。


ただ今青春ど真ん中にいる皆さん。

熱中するって歳をとると、これがまた難しいんです。

だから、その時興味のあること、好きなことを大切にして下さいね。

私の例のように、どんな形でもいいので勉強が目的ではなく手段であれば、最高です。。

大学(高校)に受かったら○○することを楽しみに頑張る!!

というのでは、私には遠すぎてモチベーションの維持が出来ませんでした。

学生の間は様々なことを制限する方針のご家庭もあるかと存じます。

ただ、後から取り返せないのは!若さと!時間だけ!!!努力は前に、お金は後でナントカなる。
そう思う次第であります。


人生で最高の経験をもたらしてくれた嵐さん。本当にどうもありがとう。


ただ!!!このタイミングでの!!!!結婚て!!!!!!


ちょっと!!!!!!!!!!!!!!

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by waseyobi

このブログ記事について

このページは、ワセヨビ西船橋が2019年11月22日 13:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「初の試み」です。

次のブログ記事は「やる気が出ないときは格言に頼る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。